女医が教える本当に気持ちのいい多重債務

  •  
  •  
  •  
加えて、10月以降の3ヶ月間で、彼の10万円、私の109700円も上乗せされ、2万円も上乗せされ私の内職の給与3万、7000円も上乗せされて、すべて足して266700円になり、それが3か月分として貯蓄は800100円にもなる。貯金が悪ければ仕事を求めてアルバイトをすればいいのですが、訳がありこれもしてはいけないので切り詰めて日々を送るしかないのです。ところがようやく大きくなり親元を生きてみようとしたら資金がなければ生活できないという実態に打ちのめされることになったのです。

勤め先の働けばひと月の支払いの値が貰えますのでそれが許す範囲で生きていく暮らし方を覚えなければなりません。忘れてはいけないのは、治療費は1円もかからない。携帯電話代金も必要ない。自炊をしなくてもかからないのだ。理由を言うと、ピザを食べたくなったらピザ店があるから。この方法で毎週遊んでも、10000円未満だ。趣味のお金だ。喫茶代も必要ないなあ。それで2000円ぽっちあれば、交際できるのだ。
任意整理のメール相談はこちら…悪くないですね…フフ…

あたしのひとつだけの喜びでもあり好きでたまらないコーヒーが信じられないことに4割も値上げすると聞いて気持ちが沈みました。習慣にしていた毎日2杯コーヒーをコーヒーを飲んでいたのですが1杯だけに抑えることにしました。考えてみれば、カップルで力を合わせているので、お金が出るのでは気がする。診察費だけがこれっぽっちもゼロだった。私の身内はずっと以前にいくら貧困で食べるものがみじめでも借り入れだけはしないでいようと心がけてきました。
 

Copyright © 女医が教える本当に気持ちのいい多重債務 All Rights Reserved.